過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第24227問」を出題

問題

エリクソン(Erikson, E.)の発達段階説に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
誕生から1歳頃までは、自分の行動のコントロールを身につける段階である。
 2 . 
3歳頃から6歳頃までは、自発的行動を通して主体性の感覚を学ぶ段階である。
 3 . 
12歳頃から20歳頃までは、勤勉性を身につける段階である。
 4 . 
20歳頃から30歳頃までは、心身共に自分らしさを身につける段階である。
 5 . 
30歳頃から60歳頃までは、社会全体や他者への信頼感を持つ段階である。
( 介護福祉士国家試験 第28回(平成27年度) 発達と老化の理解 )

この過去問の解説(3件)

評価する
25
評価しない
エリクソンは、一生を8つの段階に分けて考えました。

第1段階・乳児期(0歳~1才半)基本的信頼

第2段階・乳幼児期(2~4歳)自律性

第3段階・遊戯期(5~7歳)自主性

第4段階・学童期(8~12歳)勤勉劣等感

第5段階・青年期(13~22歳)同一視

第6段階・前成人期(23~34歳)親密

第7段階・成人期(35~60歳)生殖性

第8段階・老年期(61歳~)自我の統合

以上により、一番適切な組み合わせは選択肢2となります。
評価後のアイコン
2017/04/01 10:33
ID : mxrmuxvu
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
13
評価しない
正解は 2 です。

エリクソンの人生を8つの段階に分け、各段階の課題について提唱しています。
3~6歳までは自主性の獲得の時期であり、2が正解となります。

1.誕生から1歳までは、基本的信頼の時期です。

3.勤勉性を身につける段階は、8歳から12歳です。

4.20歳から30歳は、親密の時期です。

5.30歳から60歳は、自我の統合の時期です。
評価後のアイコン
2017/04/30 02:27
ID : ppswxtvfob
評価する
4
評価しない
最も適切なものは2です。

他の選択肢については以下のとおりです。
1.「自分の行動のコントロールを身につける段階」は1歳~3歳です。

3.「勤勉性を身につける段階」は7歳~11歳です。

4.「心身共に自分らしさを身につける段階」は12歳~20歳です。

5.「社会全体や他者への信頼感を持つ段階」は0歳~1歳です。
評価後のアイコン
2018/03/24 21:10
ID : wpoxudbb
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。