過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第24228問」を出題

問題

[ 設定等 ]




加齢に伴う筋肉の変化に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
70歳代までは、筋肉量は維持される。
 2 . 
タンパク質をとることは、筋肉量の維持に有効である。
 3 . 
高齢期になってからの運動は、筋肉量の増加には無効である。
 4 . 
筋肉量の減少の主要な原因は、悪性腫瘍(malignant tumor)の合併である。
 5 . 
筋肉量の減少は、下肢よりも上肢の方が顕著である。
( 介護福祉士国家試験 第28回(平成27年度) 発達と老化の理解 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
15
評価しない
正解は 2 です。

筋肉の主な材料は、たんぱく質です。お肉やお魚などからたんぱく質を摂取することが大事です。

1.筋肉は、年齢とともに徐々に減少します。

3.高齢になってからも、筋肉量を増やすことは可能です。

4.主な原因は、運動量の減少です。

5.筋肉量の減少が顕著なのは下肢です。下肢は筋肉量が多く、活動性が低下すると顕著に筋力が低下します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
1.誤り。筋肉量は年齢を重ねる度に減少します。多くは40代から筋肉量が減少していきます。

2.正しい。たんぱく質を摂ることは筋肉量を維持するのに有効です。食事内容に偏りがないよう、バランスよく食べる事も必要です。

3.誤り。高齢期になっても、定期的な運動の機会を確保することは必要です。下肢筋力の維持が転倒防止にもつながります。

4.誤り。筋肉量減少の原因は、筋繊維の減少と萎縮であると言われています。

5.誤り。筋肉量は、上肢よりも下肢の方が減少します。

以上により、選択肢2が正解となります。
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
最も適切なものは2です。

他の選択肢については以下のとおりです。
1.70歳代は20歳を100%とした場合30%筋力が低下します。よって、不適切です。

3.筋肉量の増加に有効です。よって、不適切です。

4.一番の原因は加齢で、加齢により筋肉に関与する性ホルモンが減少し、筋肉を動かすために必要な細胞も減っていきます。その次に病気との関連が挙げられます。よって、不適切です。

5.筋肉量の減少は上肢よりも下肢の方が顕著です。よって、不適切です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。