過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第24240問」を出題

問題

外科的手術で治療が可能な認知症(dementia)として、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
血管性認知症(vascular dementia)
 2 . 
クロイツフェルト・ヤコブ病(Creutzfeldt-Jakob disease)
 3 . 
前頭側頭型認知症(frontotemporal dementia)
 4 . 
レビー小体型認知症(dementia with Lewy bodies)
 5 . 
慢性硬膜下血腫(chronic subdural hematoma)
( 介護福祉士国家試験 第28回(平成27年度) 認知症の理解 )

この過去問の解説(3件)

評価する
17
評価しない
1.誤り。主に脳梗塞・脳出血に伴い発症する認知症です。元々の病気(高血圧・糖尿病など)を悪化させないように治療していくことが必要です。

2.誤り。治療法がほとんどありません。致死的な病となっています。不随意運動(けいれん)を抑える薬などが処方されます。

3.誤り。ピック病と呼ばれることもあります。性格の変化と行動が何となく変だと言う(行動異常)事で気が付く人もいると思います。
行動異常は反社会行為にまで及ぶことがあり、このような場合、対応を専門職に委ねる必要があります。
生活リズムを変えずに、医師と相談して薬を処方してもらったり、入院も視野に入れながら対応方法を検討していきます。

4.誤り。明確な治療法はありませんが、症状を抑える薬も少しずつ出てきています。主治医と相談しながら処方していくことが必要です。

5.正しい。転倒などが原因で起こります。直後は異常がみられなくても、1か月ほどしてから頭痛や吐き気などの症状が強くなります。このようなときは、受診する必要があります。医師は、CTにより診断を下し、手術を施行します。予後は比較的良好なことが多いです。

以上により、選択肢5が正解となります。
評価後のアイコン
2017/03/20 06:38
ID : mxrmuxvu
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
正解は5です。

1~4は認知症の一種であり、いずれも完治ができない進行性の病気になります。

5は頭部外傷などで起こりやすく、脳を圧迫する血腫を取り除くことで症状の改善が見込めます。
評価後のアイコン
2017/04/11 04:48
ID : ppswxtvfob
評価する
3
評価しない
正解は5です。

慢性硬膜下血腫は、頭を軽くぶつけた後しばらく経ってから、脳の表面に血液が溜まり血腫ができる病気です。

血腫が原因で認知症の症状など、軽度の意識障害がみられることがあります。また、身体的な疾患に伴う認知症のひとつで、外科的手術での治療が可能な病気です。
評価後のアイコン
2017/06/09 23:17
ID : epcujbuen
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。