過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第24241問」を出題

問題

[ 設定等 ]
行動・心理症状(BPSD)に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 .  徘徊は、認知症(dementia)であれば誰にでも起こる。
2 .  もの盗とられ妄想は、記憶障害とは関係がない。
3 .  幻視に関して、本人の訴えの内容ははっきりしない。
4 .  興奮は、ケアの方法によって生じることがある。
5 .  混乱は、重度の認知症(dementia)の人には見られない。
( 介護福祉士国家試験 第28回(平成27年度) 認知症の理解 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
16
評価しない
1.誤り。徘徊は認知症状の1つですが、徘徊の症状が出ない人もいます。

2.誤り。物盗られ妄想は大切な物が盗まれたと訴える症状です。家族などが盗んだ対象となることが多くあります。記憶障害の低下も原因の1つです。本人の話を聞いたり、一緒に探したりするのが良いとされています。

3.誤り。幻視は実際に見えないものが見える事を指します。「部屋の隅に〇〇がいる」のように言い、本人の訴えははっきりしています。

4.正しい。興奮はケアの方法によって生じることがあります。暴力や暴言に変わる事も多いので、声掛けや関わりを変えてみる、しばらく遠くで様子を見る、介助者を変えてみるなどの工夫が必要です。

5.誤り。重度の認知症でも混乱は見られます。ゆっくりとした口調で安心できる生活環境を整える事で混乱を減らすことが出来ます。

よって、選択肢4が正解となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
10
評価しない
正解は4です。

BPSDとは認知症の行動・心理症状をいいます。BPSDには大きく分けて「ちょっとした事で怒る」、「妄想や幻覚」、「抑うつ状態」、「興味や意欲の低下」などがあります。

認知症が原因といわれるBPSDは、人によって違いますが、対応を間違えるだけでなく、ささいな事でも症状が現れることがあるのでケアする側の理解も大切です。
評価後のアイコン
評価する
7
評価しない
正解は4です。

認知症の人にも感情は残っています。嫌なケアをされれば興奮することがあります。

1.徘徊は誰にでも起こるものではありません。

2.すでに使ってしまったことや、置き場所を忘れることが原因となるため、記憶障害は大きく関係します。

3.本人にははっきりと幻覚が見えており、訴えもはっきりとしていることが多いです。

5.認知症が重度なほど混乱症状は見られやすくなります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。