過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第24250問」を出題

問題

[ 設定等 ]




嚥下障害を引き起こす難病として、適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
潰瘍性大腸炎(ulcerative colitis)
 2 . 
悪性関節リウマチ(malignant rheumatoid arthritis)
 3 . 
筋萎縮性側索硬化症(amyotrophic lateral sclerosis:ALS)
 4 . 
クローン病(Crohn disease)
 5 . 
広範脊柱管狭窄症(extended spinal stenosis)
( 介護福祉士国家試験 第28回(平成27年度) 障害の理解 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
24
評価しない
正解は3です。

ALSは運動神経の病気であり、全身の筋肉が徐々に使えなくなる病気です。
喉の筋肉の働きが悪くなることで、嚥下障害を引き起こします。

1.潰瘍性大腸炎は消化器の病気であり、嚥下機能には関係ありません。

2.関節リウマチの合併症には、血管炎や内臓不全があります。嚥下は問題ありません。

4.クローン病は消化管に潰瘍が出来る病気であり、嚥下障害は起こりません。

5.脊柱管狭窄症は、脊柱管が狭くなり、神経が圧迫されることで症状が出る病気です。
首や腰に発症することが多く、手足の痺れや麻痺が主な症状です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
12
評価しない
1.誤り。潰瘍性大腸炎では、大腸粘膜の炎症により潰瘍となり血便・腹痛・発熱などの症状がみられます。

2.誤り。悪性関節リウマチは、関節リウマチに加え血管炎・内臓障害を併発します。

3.正しい。ALSは原因がハッキリわかっていません。全身の筋力低下・呼吸障害が進行すると人工呼吸器や気管切開をします。

4.誤り。クローン病は腹痛・下痢・下血を伴う消化管の炎症です。

5.誤り。病名の通り、広範囲の脊柱管が狭くなり、手の痺れ・歩行障害が起こります。

よって、選択肢3が正解となります。
評価後のアイコン
評価する
10
評価しない
正解は3です。

嚥下障害は、食べ物を噛み飲み込むまでの動作の中での障害。うまく飲み込めなかったり、ムセるなどといったものなどがあります。

嚥下障害が起こる原因は色々とありますが、神経や筋肉といった機能障害からも起こります。"筋萎縮性側索硬化症"は、運動神経が侵される神経系の疾患。脳から筋肉への神経に影響があるため、歩くこと・物を持つこと・飲み込むことといった動作に障害がみられるようになります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。