過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第24260問」を出題

問題

[ 設定等 ]




1g当たりのエネルギー発生量が最も多い栄養素として、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
たんぱく質
 2 . 
糖質
 3 . 
脂質
 4 . 
ビタミン(vitamin)
 5 . 
無機質(ミネラル(mineral))
( 介護福祉士国家試験 第28回(平成27年度) こころとからだのしくみ )

この過去問の解説(4件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
29
評価しない
正解は3です。

エネルギーとなるのは、たんぱく質、糖質、脂質の3つです。
1グラムあたりのエネルギー量は、たんぱく質と糖質が4kcal、脂質が9kcalとなります。
ビタミンや無機質にはエネルギーはありません。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
9
評価しない
正解は3です。

糖質・たんぱく質・脂質は、エネルギーを発生させる栄養素です。体内で作り出されたエネルギーの単位はカロリー(kcal)で表され、3つの栄養素の中でも「脂質」は最もエネルギー発生量が高く、1gあたり9kcalのエネルギーになります。

また、脂質は植物油やバター、肉・魚の脂などに含まれています。
評価後のアイコン
評価する
7
評価しない
正解は3です。

1.タンパク質のエネルギー発生量は約4㎏/gです。

2.糖質のエネルギー発生量は約4㎏/gです。

3.脂質のエネルギー発生量は約9㎏/gです。

4・5.ビタミンやミネラルは体の調子を整えることが主な働きであり、エネルギーを発生するものではありません。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
正解は3です。
ビタミンとミネラルはエネルギーを発生させることができません。

1.2、糖質・タンパク質はエネルギーを発生させることができますが、脂質の約半分のエネルギーを発生されることしかできません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。