過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第28066問」を出題

問題

[ 設定等 ]
健康長寿社会に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 .  WHO(世界保健機関)は、健康とは病気や障害がないことであると定義している。
2 .  健康寿命を延ばすために、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)対策が重要である。
3 .  2010年(平成22年)時点の日本における平均寿命と健康寿命の差は、男性が約5年、女性が約8年である。
4 .  2014年(平成26年)時点の日本におけるがん(cancer)の部位別にみた死亡者数は、男女ともに胃がん(gastric cancer)が最も多い。
5 .  「健康日本21(第2次)」における飲酒に関する目標には、未成年者の飲酒防止は含まれていない。
( 介護福祉士国家試験 第29回(平成28年度) 社会の理解 )

この過去問の解説 (4件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
43
評価しない
正解は2です。

1.WHOにおける健康寿命社会の定義は、病気や障害がないというわけでなく、肉体的・精神的・社会的にすべてにおいて満たされている状態のことをいいます。
3.2010年(平成22年)の日本における平均寿命と健康寿命の差は、男性が約9年、女性が約12年です。
4.2014年(平成26年)におけるがんの好発部位は、男性が肺がん、女性が大腸がんが最も多くなっています。
5.未成年者の飲酒は将来的に影響を与える恐れがあるため、未成年者の飲酒を早期になくすことを目標としています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
24
評価しない
ロコモティブシンドロームとは、加齢や生活習慣が原因で足腰の機能が衰え自力での歩行が困難になり、要介護状態になるリスクが高まることです。
その対策にロコモ体操があります。
評価後のアイコン
評価する
18
評価しない
正解は「2」です。
ロコモティブシンドロームとは骨や筋肉などの運動器の働きが衰えると、生活の中で自立度が低下し、介護が必要になったり、寝たきりになる可能性が高くなります。
運動器の障害のために、要介護になったり、要介護になる危険の高い状態のことをいいます。

不正解とその解説
「1」・・・WHOの健康の定義とは、病気や障害がないことであるのではなく、「身体的、精神的、社会的に良好な状態であり、病気などではない状態」と記されています。

「3」・・・2010年(平成22年)の日本における平均寿命と健康寿命の差は、男性9.02年、女性12.4年となっています。

「4」・・・日本における2014年(平成26年)におけるがんの好発部位は、男性は肺がん、女性は大腸がんがもっとも多くなっています。

「5」・・・健康日本21には「未成年の飲酒を2022年までにゼロにすること」と記されています。
評価後のアイコン
評価する
16
評価しない
正解は2です。

ロコモティブシンドロームとは、骨や筋肉、関節などの運動器の機能が低下した状態のことを言います。ロコモティブシンドロームになると将来的に介護が必要な状態になる危険性が高く、予防することが重要とされています。

1.健康とは身体的・精神的・社会的に良好な状態のことを言います。単に病気や障害がないことを言うのではありません。

3.男性が9.13年、女性が12.68年の差があります。

4.男性は肺がん、女性は大腸がんが最も多いです。

5.健康日本21には未成年の飲酒を早期になくすことが明記されています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。