過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第28078問」を出題

問題

[ 設定等 ]
「福祉関係三審議会合同企画分科会」が提出した「今後の社会福祉のあり方について(意見具申)」(1989年(平成元年)3月)の内容で、介護保険法の理念・仕組み等につながる事項として、適切なものを1つ選びなさい。
1 .  社会福祉事業に対する規制強化
2 .  市町村の役割重視
3 .  施設福祉サービスの法定化
4 .  就労支援策の創設
5 .  福祉文化の創造
( 介護福祉士国家試験 第29回(平成28年度) 介護の基本 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
26
評価しない
正解は2です。

1989年3月に福祉関係三審議会合同企画分科会が提出した「今後の社会福祉のあり方について」の主な内容は以下の4つです。

①社会福祉事業の範囲の見直し
②福祉サービスの供給主体のあり方
③在宅福祉の充実と施設福祉との連携の強化
④市町村の役割重視

1.規制強化ではなく、範囲の見直しが正解です。

3.施設福祉サービスの法定化については記載されていません。

4.介護保険に就労支援はありません。

5.福祉文化の創造についての記載はありません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
正解は2です。

平成元年3月30日
「今後の社会福祉のあり方について(意見具申)」として福祉関係三審議会合同企画分科会が提出した内容で、
介護保険法の理念・仕組み等につながる事項として、下記の6つの項目があげられました。
1. 市町村の役割重視
2. 在宅福祉の充実
3. 民間福祉サービスの健全育成
4. 福祉と保健・医療の連携強化・総合化
5. 福祉の担い手の養成と確保 

上記問題の回答選択肢の中で記載されている項目のうち、
「2. 市町村の役割重視」が該当します。
評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
正解は「2」です。
1986年に設立された福祉関係三審議会合同企画分科会(中央社会福祉審議会、身体障害者福祉審議会、中央児童福祉審議会)によって検討された意見書の事を指します。
市町村の役割重視、在宅福祉の充実、民間福祉サービスの健全な育成など6つの項目が掲げられました。

不正解とその解説
「1」・・・社会福祉事業に対する規制強化は項目に含まれていません。

「3」・・・施設福祉サービスの法定化は項目に含まれていません。

「4」・・・就労支援策の創設は項目に含まれていません。

「5」・・・福祉文化の創造は項目に含まれていません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。