過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第28081問」を出題

問題

[ 設定等 ]
Fさん(80歳、男性)は、パーキンソン病(Parkinson disease)である。不安定ではあるが、歩行ができる。振戦があり、長い時間座位を保つことが難しい。

Fさんに対する介護福祉職のリスクマネジメントとして、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 .  歩行を始めるときは、リズムをとれるように一声かける。
2 .  移動はいつも車いすを使い、ベルトで体を固定する。
3 .  お茶は湯飲みにたっぷり注いで出す。
4 .  浴槽につかっている間は、浴室から離れる。
5 .  いすから立ち上がるときは、顎を前に出して、体幹を伸展させる。
( 介護福祉士国家試験 第29回(平成28年度) 介護の基本 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
23
評価しない
正解は1です。

パーキンソン病の症状には、歩くときに足が出にくいすくみ足があります。介助者が声かけをすることでリズムがとれ、足が出しやすくなります。

2.歩けるときは歩くようにし、機能維持を図るべきです。

3.振戦があるため、湯飲みにたっぷりそそぐとこぼれてしまいます。

4.座位が安定していないので常に近くで見守ることが必要です。

5.あごを引いて体幹を前傾させるようにして立ち上がります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
正解は「1」です。
パーキンソン病によくみられる症状として、すくみ足(足が出にくい)があります。
掛け声をかけることにより、足が出やすくなります。

不正解とその解説
「2」・・・歩行ができる際はなるべく歩行をして、維持に努めることが大切です。
また、ベルト等で体を固定してしまうと無意味な身体拘束となり、虐待にあたります。

「3」・・・振戦(震える症状)があるため、お茶を注ぐ際は半分ぐらいまでにしましょう。

「4」・・・問題にもあるように長時間、座位を保つことが難しいとのことです。浴槽につかっている間は付き添いが必要です。

「5」・・・いす等から立ち上がる際は顎を引き、前傾姿勢をとると立ち上がりやすくなります。

評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
正解は1です。

パーキンソン病の症状の特徴として、
動き始めの最初の一歩が踏み出しにくくなります。
これを「すくみ足」と言います。

すくみ足は、リズムをとることで改善できることがあります。
介助者の声がけにより、リズムを取りやすくなります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。