過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第28083問」を出題

問題

[ 設定等 ]




災害時、避難所での高齢者への介護福祉職の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
疲労防止のために、日中も臥床して過ごすように勧める。
 2 . 
避難所内の調和を乱さないように、「個」よりも「全体」に配慮する。
 3 . 
杖で歩行している人も、避難所内では車いすを使ってもらう。
 4 . 
トイレの数が確保できないので、水分を控えるように助言する。
 5 . 
深部静脈血栓症(deep vein thrombosis)(いわゆるエコノミークラス症候群)の予防のために、運動をすることを勧める。
( 介護福祉士国家試験 第29回(平成28年度) 介護の基本 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
9
評価しない
正解は「5」です。
長時間同じ姿勢や動かないでいると、血液の流れが悪くなり、深部静脈血栓症の原因に繋がります。

不正会とその解説
「1」・・・臥床ばかりしていると、廃用症候群の原因になります。

「2」・・・ひとり一人にあったケアが必要となります。

「3」・・・杖歩行が可能であれば、できるだけ歩いて頂いた方が良いです。過度な介護は身体機能悪化に繋がります。

「4」・・・脱水症状予防のために、水分補給は十分に必要です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
正解は5です。

深部静脈血栓症(エコノミークラス症候群)の予防策として
 ・歩行などの運動
 ・足全体のマッサージ
 ・イオン飲料による適度な水分摂取
などが有効とされています。
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
正解は5です。

長期間動かないでいると血液の流れが停滞し深部静脈血栓症になるリスクが高まります。適度に運動するよう指導します。

1.廃用症候群になるリスクが高まります。適度に運動するように指導します。

2.個を重視し一人ひとりにあわせたケアを提供するべきです。

3.杖で歩けるのであれば、杖で歩いてもらうべきです。過剰な介護は本人の身体機能を低下させ、本人にとっても介護者にとってもマイナスな結果を招きます。

4.脱水症状を防止するため、水分補給は十分にとるべきです。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。