過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第28098問」を出題

問題

[ 設定等 ]
片麻痺で立位歩行が可能な人が、洋式便器から立ち上がるときに利用する手すりとして、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 .  便器の先端から20~30cm 後方の、健側がわの壁に設置された縦手すり
2 .  便器の先端から20~30cm 前方の、健側がわの壁に設置された縦手すり
3 .  便器の先端から20~30cm 後方の、患側がわの壁に設置された縦手すり
4 .  便器の先端から20~30cm 前方の、患側がわの壁に設置された縦手すり
5 .  便器周囲に設置された肘かけ状の簡易手すり
( 介護福祉士国家試験 第29回(平成28年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
8
評価しない
正解は2です。

立ち上がるときは前方に重心移動する必要があるため、手すりは便器よりも前方になければなりません。また、麻痺側では力を入れて手すりをつかむことは難しいため、手すりは健側がわでないといけません。
よって正解は2で、1.3.4.5は不適切です。

5.肘かけ状の簡易手すりでは十分な前方への重心移動が出来ないため危険です。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解は2です。

 実際、トイレに行って、この問題と同じような場面を設定してみると、とてもわかりやすいです。

 特に、5の「肘掛状の手すり」は、起立動作の際にとても不安定になり
片麻痺の方に恐怖感が生まれてしまいます。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
正解は2です。
片麻痺の人が便座から立ち上がる際の手すりは、便器の先端より前方の健側がわの縦手すりが適切です。
1.便器より後方では不適切です。
3.4.患側では掴まることが困難なため不適切です。
5.肘掛状の手すりでは、重心を前に移動できず不安定な体勢になるため、片麻痺の人には危険です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。