過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第28100問」を出題

問題

[ 設定等 ]




介護福祉職が行う爪切りに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
爪は十分に乾燥させてから切る。
 2 . 
周囲の皮膚に腫れや傷がある場合は、少しずつ切る。
 3 . 
手の爪は、手首を持って動かないようにして切る。
 4 . 
爪の先端の白い部分を1mm ぐらい残して切る。
 5 . 
爪やすりは、中央から端に向かってかける。
( 介護福祉士国家試験 第29回(平成28年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
23
評価しない
正解は4です。
深爪しないように、先端の白い部分を1mm程残して切ります。
1.爪は入浴後の柔らかい時に切りましょう。
2.腫れや傷がある場合は無理せずに爪切りはしない方が良いでしょう。
3.声かけをしながらやさしく固定しておこないましょう。
5.爪やすりは端から中央に向かって一定方向にかけましょう。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
正解は4です。

皮膚を傷つけることがないよう、爪の先端の白い部分を1mm程度残すように切ります。

1.爪は乾燥させるのではなく、入浴後などの柔らかいときに切るようにします。

2.腫れや傷がある場合は爪切りは控えたほうが良いでしょう。

3.動かないように固定するのは不適切です。恐怖心を感じてしまいます。

5.爪やすりは端から中央に向かってかけるようにします。
評価後のアイコン
評価する
6
評価しない
正解は4です。
深爪に注意しながら行います。

どんな介助も、行う際には声をかけ、行う行為について説明をします。

3の「手首をもって動かなくする行為」は、身体拘束にあたります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。