過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第28111問」を出題

問題

[ 設定等 ]




生活習慣病(life-style related disease)の予防に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
糖尿病(diabetes mellitus)の予防として、たんぱく質の摂取量を増やす。
 2 . 
高血圧症(hypertension)の予防として、カリウム(K)の少ない食品を摂取する。
 3 . 
高コレステロール血症(hypercholesterolemia)の予防として、食物繊維を多く含む食品を摂取する。
 4 . 
骨粗鬆症(osteoporosis)の予防として、ビタミンK(vitamin K)の少ない食品を摂取する。
 5 . 
虚血性心疾患(ischemic heart disease)の予防として、起床後すぐの水分摂取は控える。
( 介護福祉士国家試験 第29回(平成28年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
27
評価しない
正解は3です。

食物繊維は腸管からのコレステロールの吸収を抑える効果があります。

1.糖尿病ではカロリーを制限することが重要です。タンパク質の摂取量を増やすのではなく、バランスよく食事を取ることが重要です。

2.カリウムには塩分を排出し血圧を下げる効果が期待できます。

4.ビタミンKは骨をつくるために必要な物質です。積極的にとるべきです。

5.起床後は水分が不足している状態です。水分摂取を控えるのではなく、積極的に摂取するべきです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
11
評価しない
正解は3です。
食物繊維は腸からのコレステロールの吸収を抑えるとともに、コレステロールの排出を助けます。
1.糖尿病では、カロリー制限をしながらバランスの良い食事をします。
2.高血圧症では、減塩に心がけてカリウムの多い食品を摂取します。
4.骨粗鬆症では、ビタミンKを含む食品を積極的に摂取し、日光浴と適度な運動をこころがけます。
5.虚血性心疾患にかかわらず、睡眠中も水分は失われているので、起床時は水分を補給しましょう。
評価後のアイコン
評価する
6
評価しない
正解は3です。

高コレステロール血症の予防として、飽和脂肪酸(肉類)やコレステロール(バター・チーズなど)の多い食品の摂取を控えることが大切です。
また、コレステロール値を下げる青魚や大豆食品、食物繊維等を多く摂取し
バランスの良い食生活が重要です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。