過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第28131問」を出題

問題

[ 設定等 ]




年齢規定に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
老人福祉法では、原則として70歳以上の者を施策の対象としている。
 2 . 
介護保険法では、50歳から第2号被保険者になる。
 3 . 
高齢者の医療の確保に関する法律の後期高齢者医療制度は、60歳以上の者を対象としている。
 4 . 
高年齢者等の雇用の安定等に関する法律では、事業主に、雇用している高年齢者が希望するときは、75歳まで継続雇用することを義務づけている。
 5 . 
道路交通法では、運転免許証の更新を受けようとする75歳以上の者に、認知機能検査を義務づけている。
( 介護福祉士国家試験 第29回(平成28年度) 発達と老化の理解 )

この過去問の解説(5件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
23
評価しない
正解は5です。

道路交通法では、75歳以上の人が運転免許の更新を希望する場合には、認知機能検査を受けることを義務付けています。

1.老人福祉法では、医療事業においては70歳以上の高齢者と65歳以上の障害者を対象とし、保険事業では原則として40歳以上を対象としています。

2.介護保険における第二号被保険者は、40歳から65歳未満の人です。

3.後期高齢者医療制度は75歳以上の人が対象です。

4.高年齢者等の雇用の安定等に関する法律では、事業主に雇用している高年齢者が希望するときは、65歳まで継続雇用することを義務づけています。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
9
評価しない
正解は5です。
道路交通法では、免許証の更新期間満了日の年齢が75歳以上の方は、認知機能検査と高齢者講習の受講を義務づけています。
評価後のアイコン
評価する
7
評価しない
正解は「5」です。
道路交通法では75歳以上の人が運転免許の更新を行う際は、認知機能検査を義務付けています。

不正解とその解説
「1」・・・原則として、65歳以上としています。

「2」・・・50歳ではなく、40歳です。

「3」・・・60歳ではなく、75歳です。

「4」・・・75歳ではなく、65歳です。
評価後のアイコン
評価する
7
評価しない
正解は5です。
誤っているものについては、以下のとおりです。

1.70歳の部分が誤りです。70歳以上または65歳以上で、身体上または精神上に障害があり、日常生活に支障がある人が対象です。
2.50歳の部分が誤りで、40歳です。
3.60歳の部分が誤りで、75歳です。
4.75歳の部分が誤りで、65歳です。
評価後のアイコン
評価する
6
評価しない
正解は「5」です。

道路交通法では、75歳以上の人が運転免許の更新を希望する場合には、認知機能検査を受けることを義務付けています。

近年、高齢者ドライバーによる交通事故が多く発生しており、更新時だけでなく、信号無視など特定の交通違反時にも検査を受けなくてはならない場合があります。

1 老人福祉法は、高齢者(老人)を65歳以上の人としています。

2 介護保険における第二号被保険者は、40歳から65歳未満の人です。第二号被保険者は保険料を支払います。また、特定の疾患になると介護保険を利用することができます。

3 後期高齢者医療制度は75歳以上の人を対象としています。

4 高年齢者等の雇用の安定等に関する法律では、事業主に雇用している高年齢者が希望するときは、65歳までは継続して雇用しなければならないと義務づけています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。