過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第28154問」を出題

問題

[ 設定等 ]
下図の自助具を使用する疾患として、最も適切なものを1つ選びなさい。
問題文の画像
1 .  パーキンソン病(Parkinson disease)
2 .  腰髄損傷(lumbar spinal cord injury)
3 .  関節リウマチ(rheumatoidarthritis)
4 .  糖尿病(diabetes mellitus)
5 .  クローン病(Crohn disease)
( 介護福祉士国家試験 第29回(平成28年度) 障害の理解 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
26
評価しない
正解は3です。

リウマチは関節の腫れや痛み、変形が主症状の病気です。長いくしはリウマチによる関節可動域制限や関節の痛み、筋力低下がある人に有効な自助具です。

1.パーキンソン病は動作の巧緻性が障害される病気です。最も適切な選択肢ではありません。

2.腰髄損傷では上肢は自由に使えるため、必要ありません。

4.糖尿病で起こりやすいのは手先のしびれです。長いくしが必要と言うわけではありません。

5.クローン病は消化管に炎症が起こる病気であり、長いくしを使う必要はありません。


評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
正解は「3」です。

関節リウマチは関節の腫れや痛み、変形が生じる疾患です。
手の指、手首、肘などの関節に動かしづらさや痛みがあっても、柄の長いくしを使うことで、自分で髪をとかすことができます。

1 パーキンソン病は手が震えるなど、動作の巧緻性が障害される疾患です。関節の機能低下は見られないため、動作がしやすくなるとは言えません。

2 腰髄損傷では上肢には麻痺などの影響はないため、必要ありません。

4、5 ともに関節の動きが阻害される疾患でないため、長いくしが必要とは言えません。
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
正解は3です。
関節リウマチは、主に手足の関節の腫れ、痛み、変形が生じる病気です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。