過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第33137問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




利用者との関係を構築するためのコミュニケーションの基本として、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
聞き手に徹する。
 2 . 
声の高低や抑揚を一定に保つ。
 3 . 
身振りや手振りは最小限にする。
 4 . 
介護福祉職の主観を基準にする。
 5 . 
利用者の生活史を尊重する。
( 介護福祉士国家試験 第30回(平成29年度) 人間関係とコミュニケーション )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
23
評価しない
正解は5です。

利用者がどのような人生を生きてきたのかを理解し、尊重することが大切です。

1.聞きっぱなしでは相手が不安に感じます。相づちや話を伝え返すことなどによって、聞いていることを伝える必要があります。

2.抑揚をつけるようにし、単調にならないようにするべきです。

3.身振りや手振りは重要なコミュニケーション手段であり、最小限にする必要はありません。

4.介護者の主観ではなく、利用者の主観を基準にするべきです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
12
評価しない
正解は5です。
利用者さんの生活史を尊重し、生活史に応じた接し方をすると安心にもつながります。

1,聞き手に徹底すると本当にこの人は自分のことを聞いているのか不安になります。利用者さんの伝えていることを繰り返すという手法もあります。

2,一定に保つと不安になります。抑揚をつけるようにしましょう。

3,身振り・手振りは大切なコミュニケーション手法です。最小限ではなく、状況に応じてコミュニケーションを使い分けましょう。

4,介護者の主観でなく、利用者自身の主観が大切です。
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
正解は5です。

利用者の生活史を尊重することは、相手を理解することで、「この人ならわかってくれる」という安心感・信頼感を得ることができます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。