過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第33149問」を出題

問題

[ 設定等 ]
Fさん(75歳、女性、要介護3)は訪問介護(ホームヘルプサービス)を利用して、自宅(持ち家)で一人暮らしをしている。年金と貯金で生活してきたが、貯金もなくなって利用者負担額の支払いができないので、来月から訪問介護(ホームヘルプサービス)を断りたいとG訪問介護員(ホームヘルパー)に相談した。
G訪問介護員(ホームヘルパー)の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 .  所属する事業所に、来月から訪問介護(ホームヘルプサービス)の利用がなくなると伝える。
2 .  扶養義務者がいたら、援助をしてもらうように勧める。
3 .  生活保護制度の申請を勧める。
4 .  金融機関から借入れをするように勧める。
5 .  担当の介護支援専門員(ケアマネジャー)に検討を依頼する。
( 介護福祉士国家試験 第30回(平成29年度) 社会の理解 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
22
評価しない
正解は5です。

担当のケアマネに連絡し、今後どのようにFさんをサポートをしていくべきか検討するのが正しい判断になります。

1.状況を報告することは必要ですが、利用がなくなることが決まっているかのように報告することは間違いです。

2.3.4.訪問介護員として不適切な行動です。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
正解は5です。

そのような場合は、訪問介護員が判断するのではなく、このような状況だと言われたことを事業所にそのまま報告し、介護支援相談員に報告を依頼することが大切です。
その後は、介護支援専門員などとの話し合いをされるでしょう。
評価後のアイコン
評価する
6
評価しない
正解は5です 。

ホームヘルパーが判断し決定するものではなく、ケアマネに現状を報告し今後どのように援助していくかを再検討していくことが重要です 。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。