過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第33153問」を出題

問題

[ 設定等 ]
介護における自立に向けた支援に関する記述として、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 .  機能回復訓練を中心に介護計画を作成すること
2 .  他者の支援を受けずに自らの力で生活できる状態にすること
3 .  本人の意思よりも、介護者からみた自立を優先すること
4 .  介護を受けていても社会参加できるように支援すること
5 .  自分で着衣し終わるまで、何時間でも介護者が見守ること
( 介護福祉士国家試験 第30回(平成29年度) 介護の基本 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
16
評価しない
正解は4です。

介護を受けていても社会参加できるようにすることは、自立に向けた支援として重要です。

1.機能回復訓練を中心に考えるのは間違いです。

2.出来ないことに対しては、しっかりと支援をするべきです。

3.本人の意思が優先されるべきです。

5.虐待と言えるレベルです。本人には難しいと判断し、介護しなければなりません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
10
評価しない
正解は4です。

介護を受けていても社会参加できるように支援していくことが重要です。

1、機能回復訓練を重視するのではなくQOLに着目することが大切です。

2、本人ができないところは、周囲が支援していくことが大切です。

3、本人の意思、自己決定が大切です。

5、長時間待つのではなく、一緒に行うなど工夫が必要です。
評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
正解は4です。

ADLなどの身体的な自立のみならず、精神面での自立を支援することや社会的自立、要支援者の主体性や意向を尊重することも自立支援に含まれます 。

1:ADL だけでなく、IADL・QOLにも目を向けることが重要です 。
2:自分の力だけで難しいことはしっかりサポートし、バリアを取り除く配慮をしましょう 。
3:介護者ではなく自己決定が大切です 。
5:時間がかかりすぎると本人も辛いです。スムーズに行動に移せるよう介助しましょう 。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。