過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第33155問」を出題

問題

[ 設定等 ]
看護小規模多機能型居宅介護に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
1 .  居宅サービスに位置づけられている。
2 .  長期間の宿泊を目的としている。
3 .  管理者は医師とされている。
4 .  都道府県域でのサービス提供を行う。
5 .  看護と介護を一体的に提供する。
( 介護福祉士国家試験 第30回(平成29年度) 介護の基本 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
43
評価しない
正解は5です。

看護小規模多機能型居宅介護は通所介護を利用しながら、必要に応じてショートステイや訪問介護、訪問看護が利用できるサービスです。

1.居宅サービスではなく、在宅サービスです。

2.宿泊はショートステイだけです。長期間の宿泊は目的としていません。

3.地域密着型サービスのため、管理者は市町村となります。

4.都道府県域ではなく、市町村域です。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
11
評価しない
正解は5です。

看護小規模多機能型居宅介護は、地域密着型サービスに該当し、介護を必要な人が住み慣れた地域で、保険者(市町村)の管轄のもと通いながら介護と看護サービスを受けることをいいます。宿泊はショートステイのみです。
評価後のアイコン
評価する
8
評価しない
正解は5です。

介護度が高くなった方や医療的なケアが必要になった方でも、できるだけ自宅を中心に日常生活を送ることができるように支援するサービスです。

1:「在宅サービス」に訪問看護などを組み合わせることができます。

2:宿泊はショートステイのみです。

3:管理者は、特養・老健・老人デイサービスセンター・小規模多機能型居宅介護事業所などで3年以上、認知症である者の介護に従事した経験があり、厚生労働大臣が定める研修を修了した者又は保健師もしくは看護師です。

4:市町村域になります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。