過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第33158問」を出題

問題

[ 設定等 ]




一人暮らしの認知症高齢者のJさんが、一昨日、訪問販売で高価な寝具を購入して、家族が困惑している。この家族への介護福祉職の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
Jさんが他者と関わらないように助言する。
 2 . 
国民生活センターで、契約を解除してもらうように伝える。
 3 . 
施設入所を勧めて、消費者被害を繰り返さないようにする。
 4 . 
クーリング・オフ制度を利用して、契約を解除できることを伝える。
 5 . 
自己破産制度を活用して、自己破産を勧める。
( 介護福祉士国家試験 第30回(平成29年度) 介護の基本 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
13
評価しない
正解は4です。

最初にクーリングオフで契約を解除できることを伝えます。

1.Jさんの人権を侵害する行為であり、不適切です。

2.国民生活センターの業務は事故の可能性がある製品のテストや注意喚起を行なうのが仕事です。個別の契約を解除したりする業務は行なっていません。

3.施設入所は飛躍しすぎです。

5.自己破産は必要ありません。明らかに不適切です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
正解は4です。

商品購入後一定期間に限り契約を解除できる制度です。対策は後程考え、優先順位はクーリングオフを行うことです。
評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
正解は4です。

クーリングオフとは、一定の期間内であれば消費者が業者との間で締結した契約を一方的に解除できるという制度です。訪問販売の場合8日間がクーリングオフ期間となります。
自己破産や施設入所を考えるよりも、先にクーリングオフを薦めた方が適切と思われます 。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。