過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第33163問」を出題

問題

[ 設定等 ]
Kさん(75歳、女性)は、脳梗塞(crebral infarction)を発症して、1か月間入院した後介護老人保健施設に入所した。Kさんは重度の運動性失語症(motor aphasia)のため、自分から話すことはなかった。
入所して2か月ほど過ぎた頃、Kさんは、少しずつ言葉が話せるようになった。ある日の午後2時頃、介護福祉職に向かって、「お茶、いや、違う、お、お、違う、ええと」と話し始めたが、伝えたい言葉が見つからないようで、もどかしそうであった。
この時のKさんへの介護福祉職の言葉かけとして、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 .  「何を言いたいのでしょうか」
2 .  「もう1回繰り返してください」
3 .  「おやつの時間まで待ってください」
4 .  「何か飲みたいのですね。お水ですか?」
5 .  「言葉が出てきてよかったですね」
( 介護福祉士国家試験 第30回(平成29年度) コミュニケーション技術 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
21
評価しない
正解は4です。

失語症の方が「はい」「いいえ」で答えやすい正しい受け答えです。

1.言葉で表現することが難しい失語症の方に失礼な受け答えです。

2.伝えたい言葉が見つからず、もどかしそうにしている方への受け答えとして不適切です。

3.勝手な解釈をして返答することは間違った行動です。お茶や水などの飲み物を我慢させる点も不適切です。

5.お茶や飲み物に対する要求があると推察される状況で行なう返答として、不適切です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
正解は4です。

失語症の人は文章を伝えるのが難しいので、わからなければ単語単語で「はい」「いいえ」の回答を求めることもコミュニケーション技法のひとつです。
失語症の人も伝わらないことがつらいので、我慢をさせたり勝手な解釈をするのではなく丁寧にゆっくり尋ねましょう。
評価後のアイコン
評価する
7
評価しない
正解は4です。

運動性失語のある人は、流暢に話せなくなるのが特徴です。聞いた言葉を繰り返す、物を名前を言うなど、が出来なくなります。言葉の理解は比較的に保たれていることが多い為、意志の確認には「はい」または「いいえ」で答えられる「閉じられた質問」が有効です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。