過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第33179問」を出題

問題

[ 設定等 ]
嚥下障害(えんげしょうがい)がある利用者に提供する飲食物として、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 .  レモンジュース
2 .  だんご
3 .  プリン
4 .  牛乳
5 .  紅茶
( 介護福祉士国家試験 第30回(平成29年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
12
評価しない
正解は3です。

嚥下障害がある人には適度なとろみがある食材を提供します。ゼリーやプリンは最適です。

1.4.5.とろみがなく、一気に気管に入る恐れがあります。提供する場合、補助食品でとろみをつけるのが基本です。

2.おもちと一緒で飲み込みにくく、のどに詰まりやすい食材です。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
正解は3です。

嚥下障害のある人は、ゼリープリンなどの口さわりがよく飲み込みやすいものが最適です。
液体のものは、飲んでいる際ムセが起こる可能性があるので、どうしても飲用していただけなければならない際は、トロミをつけ、口腔体操をし、ゆっくり噛むように少しずつ飲用してもらうことが大切です。

2、飲み込みにくいので、水のかわりに豆腐を使用して食べていただく場合もあります。
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
正解は3番です。プリン・ゼリーなどは半固形物で、喉を通りやすく、食道に入りやすい食べ物です。お水関係はサラサラして、気管に入りやすくなります。よって、トロミ剤などでトロミをつけます。

1. 4. 5 はサラサラしすぎです。

2. は粘性が有り、気道閉塞の危険が有ります。パンなども同じ理由で不適切です。基本的に、モチモチ系はダメです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。