過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第33185問」を出題

問題

[ 設定等 ]
消化管ストーマを造設している人の生活支援に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 .  排泄物(はいせつぶつ)がパウチの3分の1から2分の1程度たまったら処理するように助言する。
2 .  ベルトでウエストを締める服を選ぶように助言する。
3 .  ラジオ体操は控えるように助言する。
4 .  回腸ストーマのある人は水分摂取は控えるように助言する。
5 .  れんこんやごぼうを多くとるように助言する。
( 介護福祉士国家試験 第30回(平成29年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
32
評価しない
正解は1です。

感染症などのリスクを防ぐため、排泄物が3分の1から2分の1程度たまったら、処理するようにします。

2.ストーマに排泄物が排出されやすいよう、ウェストがゆるやかなものを選ぶようにします。ベルトをする場合は心持ちゆるやかに締めるようにします。

3.適度な運動は排泄を促します。行なって問題ありません。

4.水分を制限する必要はありません。脱水症状などのリスクが高まります。

5.れんこんやごぼうは消化しにくい食材です。消化しにくい食材は避けるようにします。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
13
評価しない
最も適切なものは1です。

他の選択肢については以下のとおりです。

2.ベルトの位置によって、ストーマ粘膜の損傷や排泄物が排泄口から袋に落ちるのを遮る可能性があります。締め付けのない服が望ましいです。よって不適切です。

3.ストーマ造設後数か月経てば、ほどんどの運動が可能です。適度な運動は健康のために必要です。よって不適切です。

4.水分を控えることで脱水の恐れがあります。よって不適切です。

5.食物繊維の多い食べ物は食物繊維がストーマ口にひっかかり、詰まりの原因となります。控えたり、裏ごしをして繊維を取り除くなど工夫が必要です。よって不適切です。

評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
正解は1番です。衛生上の観点です。

2.ストマ破損の恐れが有ります。

3.排便を促す為にも、運動は必要です。

4.ストマの管理と水分摂取量の制限は、関係性が有りません。

5.便を促す事には良いのですが、ストマの詰まりの原因となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。