過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第33191問」を出題

問題

[ 設定等 ]
パーキンソン病(Parkinson disease)(ホーエン・ヤール重症度分類ステージ3)の高齢者の寝室環境に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 .  ベッドは介護者に合わせた高さにする。
2 .  ベッドに手すりをつける。
3 .  マットレスは体が沈みこむものを選ぶ。
4 .  ベッドサイドの床にクッション性のあるマットを敷く。
5 .  枕は頸部前屈(けいぶぜんくつ)になるような高さにする。
( 介護福祉士国家試験 第30回(平成29年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
25
評価しない
正解は2です。

ヤールの分類ステージ3ではバランスが悪くなり、歩行障害が見られるようになります。手すりでバランスをとりやすくし、転倒を防止します。

1.介護者ではなく、要介護者に合わせます。

3.沈みこむマットレスは動きがしにくく、パーキンソン病の方には不向きです。適度な硬さのものを選択します。

4.クッション性のあるマットは立位や歩行バランスがとりにくく、転倒のリスクがあるため、不適切です。

5.頸部前屈ではなく、中間位になるようにします。頸部を前屈すると、呼吸がしにくくなります。また、拘縮などの後遺症になりやすいため、注意が必要です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
15
評価しない
最も適切なものは2です。

ホーエン・ヤール重症度分類ステージ3は姿勢反射障害がみられる時期です。姿勢反射障害は身体のバランスを保つ筋肉に起こるため、歩き出したら止まらなくなってしまったり、倒れたりします。体を支えるために手すりが必要です。

他の選択肢については以下のとおりです。
1.要介護者が立ち上がり、動作がしやすい高さに合わせます。

3.マットレスはかためのものを選びます。体が沈みこむものは動作がとれず不向きです。

4.ベッドサイドの床にクッション性のマットを引くことは、かえって転びやすいです。転倒対策であれば、ベット柵が有効です。

5.中間位が適切です。頚部前屈では呼吸がしにくいです。
評価後のアイコン
評価する
6
評価しない
正解は2番です。パーキンソン病のホーエン・ヤールの分類3は両側性に症状がみられ、姿勢反射障害が起こります。その為、易転倒性が有ります。それを踏まえ、解答します。

1 . 基本、要介護者に合わせます。立ち上がりしやすい高さなど。

2 . ベッドに手すりをつけ、立ち上がり等をしやすくします。正しいです。

3 . 適度な固さのものを選びましょう。立ち上がりがしにくいです。

4 . 歩きにくいです。止めましょう。

5 . 拘縮の原因です。嚥下もしにくくなります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。