過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第33194問」を出題

問題

[ 設定等 ]




施設において、介護福祉職の行う死後の処置として、適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
義歯ははずす。
 2 . 
衣服は施設が指定したものを用いる。
 3 . 
着物の場合は右前に合わせる。
 4 . 
着物の場合は帯紐(おびひも)を縦結びにする。
 5 . 
死後の処置は、死後3時間経過してから行う。
( 介護福祉士国家試験 第30回(平成29年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
26
評価しない
正解は4です。

着物の場合は帯紐を縦結びにします。縦結びは普段行なわない結び方であり、不幸が続かないようにする意味合いがあります。

1.義歯ははずしません。見た目をきれいに保つことが出来ます。

2.生前に本人が希望していたものや、遺族が準備したものを用います。

3.右前ではなく左前です。

5.家族がご遺体とのお別れをしてからになります。


評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
12
評価しない
適切なものは4です。そのとおりです。

他の選択肢については以下のとおりです。

1.口腔からの異臭を防ぐため、義歯は口腔ケアを行い、入れます。顎は死後硬直が最初に起こるといわれています。見た目を保つためにはずしたままにはしません。

2.ご家族のご意向にそって行います。

3.右前ではなく左前です。

5.死後硬直は早ければ死後1時間くらいからはじまります。そのため、ご家族がご遺体とお別れしてから、できるだけすみやかに死後の処置をおこないます。
評価後のアイコン
評価する
7
評価しない
正解は4番です。縦結びにします。

1.義歯は顔の形を整えます。また、死後硬直前につけておきます。

2.施設の意向の前に、家族や本人が望む衣類の確認が必要です。

3.右ではなく、左です。

5.ご家族のお別れが終わってから、可能な限り速やかに行いましょう。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。