過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第33196問」を出題

問題

[ 設定等 ]




利用者のアセスメント(assessment)に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
利用者本人の希望に沿った情報を収集する。
 2 . 
家族のニーズを優先させながら情報を収集する。
 3 . 
介護福祉の知識を活用して情報を解釈する。
 4 . 
生活課題を明確にした後で情報を関連づける。
 5 . 
利用者の情報を整理した後で要望を聞く。
( 介護福祉士国家試験 第30回(平成29年度) 介護過程 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
35
評価しない
正解は3です。

アセスメントは評価のことであり、利用者に関する情報を収集・分析し、解決すべき課題を把握することを言います。
課題を把握する際には介護福祉士の知識を活用する必要があります。

1.利用者の全体像を把握するために、希望に沿った情報だけでなく、希望に沿わない情報の収集も必要になります。

2.家族ではなく、利用者本人のニーズが最も優先されるべきです。

4.情報収集した後に生活課題を明らかにします。

5.要望を聞いた後に情報を収集します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
14
評価しない
最も適切なものは3です。
アセスメントとは、集めた情報を専門的な視点から解釈、分析することです。よって、3が適切です。

他の選択肢については以下のとおりです。
1.情報収集のプロセスです。

2.家族のニーズも参考にはしますが、優先すべきは利用者本人です。

4.情報収集が先です。

5.利用者の要望を聞き、情報収集を行います。
評価後のアイコン
評価する
11
評価しない
正解は3番です。専門的見地から、情報を解釈(例:利用者が不穏になる原因→便秘?)します。

1.利用者の希望ではなく、目的に応じて情報収集します。

2.最も優先すべきは利用者です。

4.情報収集しなければ、生活課題は分析できません。

5.要望を把握して、情報を収集します。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。