過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第33197問」を出題

問題

[ 設定等 ]




介護計画の立案に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
以前の介護計画は考慮せずに立案する。
 2 . 
現実的で実践可能な内容にする。
 3 . 
介護福祉職の望む利用者像を目指す。
 4 . 
本人や家族の希望と乖離(かいり)してもよい。
 5 . 
安全性よりも効果を優先する。
( 介護福祉士国家試験 第30回(平成29年度) 介護過程 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
10
評価しない
最も適切なものは2です。
利用者主体であり、現実的で実践可能な内容にすべきです。

他の選択肢については以下のとおりです。

1.以前の計画の良かった点、悪かった点を考慮し、あらたな計画に活かしていきます。

3.利用者主体です。

4.利用者主体で考えていく必要があるため、乖離はありえません。

5.安全が最優先です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
正解は2番です。現実的な目標を立てます。

1.以前の介護計画を踏まえ、過程も分析します。

3.介護士の目標ではなく、利用者の目標です。

4.本人・家族の意向に沿った内容にします。

5.効果よりも、安全性が優先されます。
但し、緩和ケアの場合なその限りではないので、注意します。
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
正解は2です。

介護計画は現実的で実践可能なものでなければなりません。

1.以前の介護計画も考慮して立案します。

3.目標は利用者本人が決めるものです。介護福祉士が決めるものではありません。

4.本人や家族の希望に沿った内容でなければなりません。

5.安全性が最優先です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。