過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第33204問」を出題

問題

[ 設定等 ]




キューブラー・ロス(Kubler-Ross.E.)が提唱した死の受容過程における「取り引き」に該当するものとして、適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
死ぬのがなぜ自分なのかと怒る。
 2 . 
自分が死ぬことはないと思う。
 3 . 
つらい治療を我慢して受けるので助けてほしいと願う。
 4 . 
安らかな気持ちで死を受け入れる。
 5 . 
もう助からないと思って絶望する。
( 介護福祉士国家試験 第30回(平成29年度) 発達と老化の理解 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
14
評価しない
正解は3です。

キューブラー・ロスは人間の死の受容段階を以下の5段階に分類しています。

第一段階:否認と孤立
第二段階:怒り
第三段階:取り引き
第四段階:抑うつ
第五段階:受容

3はつらい気持ちを我慢して受ける代わりに助けて欲しいと取り引きをお願いしているため、正解となります。

1.第二段階の怒りにあたります。

2.第一段階の否認と孤立にあたります。

4.第五段階の受容にあたります。

5.第四段階の抑うつにあたります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
適切なものは3です。
「取り引き」は第三段階にあたります。
「助けてくれるのなら、つらい治療をがまんする」という取り引きが3です。

他の選択肢は以下のとおりです。
1.第二段階の「怒り」に該当します。

2.第一段階の「否認と孤立」の「否認」に該当します。

4.第五段階の「受容」に該当します。

5.第四段階の「抑うつ」に該当します。
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
正解は3番です。

キューブラー・ロスは人間の死の受容段階を以下の5段階に分類しています。

第一段階:否認と孤立→2番。
第二段階:怒り→1番。
第三段階:取り引き→3番。
第四段階:抑うつ→5番。
第五段階:受容→4番。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。