過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第33223問」を出題

問題

[ 設定等 ]
「ソーシャルインクルージョン(social inclusion)」を説明する内容として、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 .  本人の利益のために本人に代わって意思決定をすること
2 .  全人間的復権のこと
3 .  共に生き、支え合うこと
4 .  障害者の「強さ」に着目して支援すること
5 .  権利擁護や代弁をする活動のこと
( 介護福祉士国家試験 第30回(平成29年度) 障害の理解 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
31
評価しない
正解は3です。
ソーシャルインクルージョンとは、ソーシャル(社会的)インクルージョン(包容力)といい、障害を持った方も社会と共存して支え合って生きるという意味です。

1,1のことは代理決定といいます。
2,全人間的復権とは、リハビリテーションの考え方です。
4,強さ=長所に注目することをエンパワメントといいます。
5,5のことはアドボカシーといいます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
15
評価しない
正解は3です。

ソーシャルインクルージョンは社会的包容力と訳されます。
障害者を社会から隔離するのではなく、社会の中で共に助け合っていこうという考え方です。

1.ソーシャルインクルージョンの意味と全く違う内容です。

2.全人間的復権はリハビリテーションの考え方の一つです。

4.長所や力、強さに着目して援助するのはエンパワメントの考え方です。

5.権利擁護や代弁をする活動のことはアドボカシーと言います。
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
1.誤
成年後見制度の説明であるため、誤りです。

2.誤
リハビリテーションの説明であるため、誤りです。

3.正
ソーシャルインクルージョンとは「全ての人々を孤独や孤立、排除や摩擦から援護し、健康で文化的な生活の実現につなげるよう、社会の構成員として包み支え合う」考え方であるため、正しいです。

4.誤
エンパワメントの説明であるため、誤りです。

5.誤
アドボカシーの説明であるため、誤りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。