過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第33226問」を出題

問題

[ 設定等 ]
G君(12歳、男性)は現在、小学校に通学している。小さい頃から、集中力が乏しい、じっとしていられない、順番が待てないなどの症状が指摘されていた。また、このような行動に対して友人や周囲の大人から注意を受けることが多く、自信が持てないでいた。心配した母親は、紹介を受けて発達障害者支援センターに相談することにした。
G君に対する支援方法の助言として、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 .  一度に多くの指示を伝える。
2 .  他者との交流を回避する。
3 .  集中できる環境をつくる。
4 .  比喩を用いた会話を促す。
5 .  視覚に強い刺激を与える。
( 介護福祉士国家試験 第30回(平成29年度) 障害の理解 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
11
評価しない
正解は3です。
G君は集中力が乏しい、じっとしていられないのですからまず、集中できる環境を整えることから始めることが正しいです。

1,1つのことを理解できるまでゆっくり伝えることが大切です。
2,他者との交流を避ける必要はありません。
4,比喩をもちいるのではなく、わかりやすく簡潔に伝えることが大切です。
5,反対に不安にさせてしまいます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
正解は3です。

G君にとって今の小学校の環境は集中できない環境であると考えられます。座席の配置を考えるなどG君が集中できる環境づくりを行なうことが必要です。

1.指示は理解しやすいように一つずつ伝えるようにします。

2.他者との交流を避けるのは不適切です。

4.比喩を用いた会話はG君には理解が難しいでしょう。分かりやすい言葉で会話を行なうようにします。

5.G君を不安にさせる行為で不適切です。
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
1.誤
集中できないG君に対して一度に多くの指示を出すのは全く意味がないため、誤りです。

2.誤
他者との交流を避ける必要はないため、誤りです。

3.正
症状からADHD(注意欠陥多動性障害)が考えられるので、G君の好きなことに集中できる環境を整えることが適切であるため、正しいです。

4.誤
G君が理解しやすいように明確に会話することが必要であるため、誤りです。

5.誤
G君に対して予測不可能な驚かせる行為をしてはならないため、誤りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。