過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第33232問」を出題

問題

[ 設定等 ]




Kさん(91歳、男性、要介護1)は、65歳の娘と二人暮らしである。訪問介護員(ホームヘルパー)が週2回通っている。もともと頑固で怒りやすい性格だが、ある日、訪問介護員(ホームヘルパー)が茶碗(ちゃわん)を割ったのをきっかけに怒りを爆発させて、この訪問介護員(ホームヘルパー)を代えるように娘に主張した。それは難しいと娘が説明したところ、「もういい、他人には自分の気持ちを理解できるはずがないから、どうせ代わっても今と変わりはない」と話を打ち切ってしまった。
この会話でKさんにみられた適応機制として、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
抑圧
 2 . 
合理化
 3 . 
反動形成
 4 . 
昇華
 5 . 
投影
( 介護福祉士国家試験 第30回(平成29年度) こころとからだのしくみ )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
41
評価しない
正解は2です。

「どうせ代わっても今と変わりはない」と自分に都合の良いように合理化を行なっています。

1.抑圧は容認できない欲求や感情を無意識に抑えつけて忘れることを言います。

3.反動形成は抑圧されている欲求が現れないよう、それと反対の意識や行動に置き換えることを言います。怒っているときにあえて親切にするなどの行動がその例です。

4.昇華はすぐに実現できないことを他の行為に置き換えることを言います。

5.投影は自分の容認できない欲求や感情を他者の中にあると考えて指摘や非難する適応規制を言います。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
16
評価しない
正解は2です。
合理化とは、自分の良いように正当化することなので、「どうせ代わってもらっても今と変わらない」と解釈していることです。

1,抑圧とは、自分が認められない感情を無意識に押さえつけることです。
3,反動形成とは、抑圧されている欲求が表に現れないように無意識に反対の行動に置き換えることです。
4,昇華は、実現できない欲求から別のより高い欲求に置き換えることです。
5,投影とは、自分の衝動や行動を認めたくない時、自分を守る為、他の人の悪いところ押し付けてしまうことです。
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
1.誤
抑圧とは認めたくない欲求や衝動を意識下に抑えることなので誤りです。

2.正
「どうせ代わっても今と変わりはない」と自分なりの都合のいい理由をつけて済ませているので合理化です。

3.誤
反動形成とは知られたくない自分の欲求と正反対の行動をとることで本当の自分を隠そうとすることなので誤りです。

4.誤
昇華とは社会的に認められない欲求や感情を社会的に承認されやすい感情で満たすことなので誤りです。

5.誤
投影とは自分の欲求や衝動を他者の中に見つけて不安を解消しようとすることなので誤りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。