過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第33234問」を出題

問題

[ 設定等 ]
眼の症状とそれに関連が強い疾患の組合せとして、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 .  眼球が痛くなる ───────── 加齢黄斑変性症(age-related macular degeneration)
2 .  近いところが見えにくい ───── 緑内障(glaucoma)
3 .  結膜が充血する ───────── 流行性角結膜炎(epidemic keratoconjunctivitis)
4 .  硝子体が白くなる ──────── 白内障(cataract)
5 .  目やにが増える ───────── 糖尿病性網膜症(diabetic retinopathy)
( 介護福祉士国家試験 第30回(平成29年度) こころとからだのしくみ )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
42
評価しない
正解は3です。

病名にもあるとおり、角膜と結膜に炎症が起こる病気です。

1.視力の低下が主症状であり、痛みはありません。

2.緑内障は視野が狭くなる病気です。

4.白内障では硝子体ではなく、水晶体が白く濁ります。

5.糖尿病性網膜症は網膜への血流が悪くなり、視力が低下する病気です。目やには増えません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
10
評価しない
正解は3です。

1,加齢黄斑変性症とは、加齢により網膜色素上皮の下に老廃物が蓄積されることで、症状は、物が歪んで見えるそうです。
2,緑内障は眼圧が高くなり、視野が狭くなることです。
4,白内障とは、水晶体が白く濁ることです。
5,糖尿病性網膜症は糖尿病により血流が悪くなり、視力が低下することです。
評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
1.誤
加齢黄斑変性症は加齢により網膜の中心部である黄斑に障害が生じ、見ようとするところが見えにくくなる病気であるため、誤りです。

2.誤
視神経に障害が起こり、視野が狭くなる病気であるため、誤りです。

3.正
瞼の腫れ、結膜のむくみや充血がみられる病気です。

4.誤
加齢によって水晶体が白く濁り、視力が低下する病気であるため、誤りです。

5.誤
糖尿病が原因で網膜が障害を受け、視力が低下する病気であるため、誤りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。