過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第33235問」を出題

問題

[ 設定等 ]
生体で生じる化学反応について、酵素は重要な役割を担っている。酵素を構成する主要成分として、正しいものを1つ選びなさい。
1 .  タンパク質
2 .  糖質
3 .  脂質
4 .  ビタミン類
5 .  無機質(ミネラル(mineral))
( 介護福祉士国家試験 第30回(平成29年度) こころとからだのしくみ )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
21
評価しない
正しいものは、1です。
酵素にはタンパク質のみでできているものと、タンパク質とそれ以外のものの結合によって、できているものとに大きくわけられます。4.ビタミン類と5.無機質は補因子としてタンパク質と結合し、酵素の構成要素になっているものもあります。

選択肢2.糖質と3.脂質は生体のエネルギーに関係する物質です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
15
評価しない
正解は1です。
酵素とは体内のあらゆる化学反応に対して媒介として機能してくれるたんぱく質のことです。そのまま覚えましょう。
評価後のアイコン
評価する
6
評価しない
1.正
生体内で起こる化学反応をまとめて代謝といい、代謝には酵素と呼ばれる物質が働いています。
酵素はタンパク質を主成分とした生体触媒です。

2.誤
糖質は生体構成物質の一種であるため、誤りです。

3.誤
脂質は生体構成物質の一種であるため、誤りです。

4.誤
ビタミン類は生物の体内で十分な量を合成できない有機化合物の総称であるため、誤りです。

5.誤
無機質(ミネラル)は生物の体内で十分な量を合成できない無機化合物の総称であるため、誤りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。