過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第33239問」を出題

問題

[ 設定等 ]
体内時計を1日24時間の周期に修正する最も強力な因子として、正しいものを1つ選びなさい。
1 .  日光
2 .  食事
3 .  運動
4 .  仕事
5 .  入浴
( 介護福祉士国家試験 第30回(平成29年度) こころとからだのしくみ )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
9
評価しない
正解は1です。
起床時間が遅くなったり、暗い部屋に長くいると体内時計が狂うので、日光にあたりリセットするのが効果的だと言われています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
正しいものは1です。

朝、日光を浴びることで脳から心身を安定させる物質セロトニンが分泌されます。その14時間から16時間後に睡眠ホルモンのメラトニンが生成されるしくみになっており、体内時計リセットに有効だといいます。
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
1.正
体内時計と地球の自転周期には微差があり、そのズレを修正する刺激を同調因子と呼びます。その中で最も強力なのは光です。

2.誤
食事も同調因子に違いありませんが、「最も強力な因子」とあるので誤りです。

3.誤
運動も同調因子に違いありませんが、「最も強力な因子」とあるので誤りです。

4.誤
仕事も同調因子に違いありませんが、「最も強力な因子」とあるので誤りです。

5.誤
入浴も同調因子に違いありませんが、「最も強力な因子」とあるので誤りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。