過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第33245問」を出題

問題

[ 設定等 ]




喀痰吸引(かくたんきゅういん)を必要とする利用者に対する生活支援として、適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
口腔内(こうくうない)の乾燥を保つ。
 2 . 
室内の空気を清浄に保つ。
 3 . 
室内の湿度を30%以下に保つ。
 4 . 
水分摂取を控える。
 5 . 
仰臥位(ぎょうがい)から側臥位(そくがい)への体位変換を控える。
( 介護福祉士国家試験 第30回(平成29年度) 医療的ケア )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
12
評価しない
正解は2です。

1,口腔内が乾燥していると皮膚を傷つける可能性があります。
3,湿度は30度は低すぎます。60%前後がのどによいと言われています。
4,水分摂取は必要です。
5,体位交換は痰が出やすくなる点においても効果的です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
適切なものは2です。

他の選択肢については以下のとおりです。
1.口腔内は湿らせます。

3.湿度は60℃くらいが喉や気道にいいとされています。

4.水分摂取を行います。喉を湿らせておいたほうがいいからです。

5.長時間同じ姿勢をとっていると、痰が出にくくなります。体位交換は必要です。

評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
1.誤
口腔内の乾燥させると吸引の際に気管を傷つけるリスクを高めるため誤りです。

2.正
ハウスダストなどは痰を発生させる原因となるため空気清浄機などで空気を清潔に保つことが重要です。

3.誤
湿度は60%くらいが喉に良いと言われているため誤りです。

4.誤
水分を控えることは口腔内を乾燥させるため誤りです。

5.誤
同じ体位を取り続けると痰が奥に溜まりやすくなるため誤りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。