過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第33246問」を出題

問題

[ 設定等 ]




介護福祉士が喀痰吸引(かくたんきゅういん)を指示に従って実施したが、1回の吸引で痰(たん)が取り切れなかった。再度、吸引を行うときの対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
呼吸が落ち着いたことを確認する。
 2 . 
吸引時間を延長する。
 3 . 
吸引圧を高くする。
 4 . 
太い吸引チューブに変更する。
 5 . 
痰(たん)がたまっていそうな部位にしばらく吸引チューブをとどめる。
( 介護福祉士国家試験 第30回(平成29年度) 医療的ケア )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
10
評価しない
正解は1です。
痰吸引は、利用者さんにとって体力の消耗と苦痛を伴います。こまめな言葉掛け、状態を見ながら行うことが大切です。

2,1回の痰吸引時間は10~15秒です。体に負担がかかるので無理に時間をのばすことはやめましょう。
3,吸引圧は20~40kpaと決まっているので変更してはいけません。
4,5 危険な行為になるので、適切な方法で行いましょう。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
1.正
吸引は10秒程度に留め、対象者の呼吸が落ち着いてから改めて実施する必要があります。

2.誤
1.の理由から吸引時間を延長するのは誤りです。

3.誤
設定された吸引圧を勝手に変更してはならないため誤りです。

4.誤
吸引チューブの太さを変えるのは対象者に苦痛を与えるだけでなく、危険な行為であるため誤りです。

5.誤
吸引チューブを1か所に留めるのは対象者に苦痛を与えるだけでなく、危険な行為であるため誤りです。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
最も適切なものは1です。

喀痰吸引は利用者にとって、とても苦痛を伴うものです。1回で取り切れない場合は無理に時間を長くしてはいけません。再度行うときは呼吸が落ち着いてから行います。

他の選択肢については以下のとおりです。

2.1回の吸引時間の目安は10~15秒です。冒頭にも触れたように苦痛を伴うものなので、無理に時間を延ばすことは禁物です。

3.吸引圧は-20~-40kpa以下と目安が決まっています。

4.5 息ができなくなる危険性のある行為です。よって、不適切です。


評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。