過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第41850問」を出題

問題

[ 設定等 ]
特定非営利活動法人(NPO法人)に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
1 .  社会福祉法に基づいて法人格を取得した法人である。
2 .  収益を上げることは禁じられている。
3 .  社会教育の推進を図る活動を行うものが最も多い。
4 .  認定特定非営利活動法人は、税制上の優遇措置を受けることができる。
5 .  災害救援は対象外の活動である。
( 介護福祉士国家試験 第31回(平成30年度) 社会の理解 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
37
評価しない
正解は4です。NPO法人に関する理解力を問われる問題です。

1.特定非営利活動促進法に基づきます。

2.「利益は関係者で分配せず活動に充てなければならない」という制限はありますが、収益を上げてはいけないわけではありません。

3.福祉分野の活動を行うものが最も多くなっています。

4.「認定NPO法人に寄付した者は所得税等が軽減される」というメリットがあるので、それにより寄付金の増加が期待できます。

5.宗教活動や政治活動は対象外ですが、災害救援活動は対象となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
特定非営利活動法人(NPO法人)に関する設問です。

1.特定非営利活動促進法に基づいています。

2.活動する人たちで利益の分配をしないことにはなっていますが、収益を上げることは禁じられていません。

3.福祉活動が最も多いです。

4.認定特定非営利活動法人は税額控除や所得控除といった、税制上の優遇が受けられますので、4が正解です。

5.災害救援も対象になります。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
最も適切なものは4です。
文のとおりです。

他の選択肢については以下のとおりです。

1.誤りです。文中の「社会福祉法」が誤りです。正しくは「特定非営利活動促進法」です。

2.誤りです。特定非営利活動に必要な資金を運営費に充てる目的で本来の特定非営利活動に支障のない範囲での収益を上げる活動は認められています。

3.誤りです。不特定かつ多数のものの利益に寄与する活動で、特定非営利活動促進法第2条に定められています。社会教育の推進を図る活動意外に、保健・医療・福祉に関するものやまちづくりなど20の区分が設けられています。

5.誤りです。3の解説で触れたように20の区分があり、その中に災害救援も含まれています。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。