過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第41864問」を出題

問題

[ 設定等 ]




定期巡回・随時対応型訪問介護看護に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
このサービスのオペレーターは、サービス提供責任者のことである。
 2 . 
利用者の状態の変化に応じて、随時訪問サービスを利用することができる。
 3 . 
介護・看護一体型では、訪問看護サービスを利用しても介護報酬は同一である。
 4 . 
日常生活上の緊急時の対応は行っていない。
 5 . 
要支援者、要介護者のどちらも利用できる。
( 介護福祉士国家試験 第31回(平成30年度) 介護の基本 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
22
評価しない
正解は2です。

1.オペレーターに従事する条件が「サービス提供責任者として3年以上従事した経験をもつこと」とされています。オペレーター=サービス提供責任者ではありません。

2.定期的な訪問に加え、随時訪問にも対応します。

3.月ごとの定額制ですが、介護のみか介護と看護を受けるかで介護報酬の設定が異なります。なお、「一体型」とは介護と看護が同一事業所に所属する事業形態のこと(別々の事業所に所属する形態は「連携型」)であって、サービス内容がひとまとめになっているという意味ではありません。

4.利用者様の状態の変化に応じてサービスが提供されます。

5.要介護者が対象となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
最も適切なものは2です。
文のとおりです。

他の選択肢については以下のとおりです。

1.不適切です。
このサービスのオペレーターは医師、保健師、看護師、准看護師、社会福祉士、介護福祉士、介護支援専門員であり、3年以上サービス提供責任者の経験のある人でなければなりません。

3.不適切です。
介護報酬は同一ではありません、看護サービスの方が高く設定されています。

4.不適切です。
常時オンコールの体制が整っています。

5.不適切です。
利用できるのは要介護1以上の人です。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
2012年に創設された、定期巡回・随時対応型訪問介護看護に関する問題です。

1.オペレーターは看護師、介護福祉士等1名以上になります。

2. 利用者の状態の変化に合わせた適宜の利用が可能です。よって2が正解です。

3. 事業所の形態、訪問看護の利用の有無で介護報酬は変わってきます。

4.緊急時の対応は行っています。

5. 要介護1以上で利用できます。要支援者は利用できません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。