過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第41867問」を出題

問題

[ 設定等 ]




施設の介護における安全の確保に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
職員に対して安全に関する研修を定期的に行う。
 2 . 
施設管理者の安全を第一に考える。
 3 . 
利用者の社会的な活動を制限する。
 4 . 
利用者に画一的なサービスを提供する。
 5 . 
安全対策は事故後に行う。
( 介護福祉士国家試験 第31回(平成30年度) 介護の基本 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
5
評価しない
正解は1です。

1.職員が安全に関する知識を身につけることにつながるほか、安全に関して意識を向ける機会になります。

2.利用者様の安全を第一に考えます。

3.例えば利用者様が買い物に行きたいのを制限すれば事故の危険性は減りますが、それでは利用者様の生活が楽しみのないものになります。

4.画一的なサービスを提供すればマニュアルの数も減り事故が起こる危険性も減りますが、利用者様の自己決定を妨げる恐れがあります。

5.事前に予測し事故が起こりそうな要因を取り除く取り組みが必要です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
介護における安全の確保に関する施設の取り組みについての問題です。

1.定期的な研修の開催は介護における安全の確保のためには必要です。1が正解になります。

2.利用者の安全が第一になります。

3.活動の制限は施設としての取り組みで適していると言えません。ADLやQOLの低下させてしまいます。

4.利用者に合わせた個別支援が求められます。

5.安全対策は事故を防ぐために日頃から行われる必要があります。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
最も適切なものは1です。
何かあったときにとっさに対応できるようにするために日ごろから訓練や研修が必要です。

他の選択肢については以下のとおりです。

2.誤りです。
利用者の安全を第一に考えます。

3.誤りです。
活動を制限することは利用者のモチベーションや身体機能の低下につながります。

4.誤りです。
利用者お一人お一人要介護度や状況がことなります。各利用者に応じた対応が必要です。

5.誤りです。
いつ何が起こるかわかりません。事故後では問題を防げません。日ごろから見直し、必要に応じて訓練をしていくことが大切です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。