過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第41869問」を出題

問題

[ 設定等 ]
燃え尽き症候群(バーンアウト(burnout))の特徴として、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 .  首から肩、腕にかけて凝りや痛みが生じる。
2 .  人格・行動変化や失語がみられる。
3 .  無気力感、疲労感や無感動がみられる。
4 .  身体機能の低下がみられる。
5 .  日中に耐え難い眠気が生じる。
( 介護福祉士国家試験 第31回(平成30年度) 介護の基本 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
5
評価しない
正解は3です。燃え尽き症候群は、努力しても思うような結果が得られなかった場合もしくは目標を達成したことにより次の目的を見いだせなくなることで、意欲が低下する状態を言います。

1・2・4・5.意欲や欲求の欠乏が主な症状であり、身体的な症状が出ることはありません。

3.意欲が低下することで辞職したり人と接することを避けるようになり、さらには生きることさえ辛くなるケースもあります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
最も適切なものは3です。
燃え尽き症候群は責任感や使命感の強い人に多く、人並み以上に努力したのにうまくいかなかったときや目標を達成してしまった場合に起きやすいものです。無気力感、疲労感、に襲われ、何もする気にならずぼーっとした状態になるのが特徴です。

他の選択肢については以下のとおりです。

1.誤りです。
頸肩腕症候群、筋緊張性頭痛のほか、狭心症などさまざまな病気に表れる症状です。

2.誤りです。
前頭側頭変性症にみられる症状です。

4.誤りです。
身体機能の低下は加齢をはじめ、さまざまな病気でみられる症状です。

5.誤りです。
ナルコレプシー(過眠症)にみられる症状です。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
1.頸肩腕障害の症状になります。

2.前頭側頭型認知症の症状になります。

3. 燃え尽き症候群の症状です。3が正解です。

4.高齢者の身体的状態の変化です。

5.過眠症や睡眠時無呼吸症候群、精神的な不調等による不眠状態、昼夜逆転現象が起きている場合等の症状です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。