過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第41888問」を出題

問題

[ 設定等 ]




いすに座っている右片麻痺(みぎかたまひ)の利用者の食事介護時の留意点として、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
口の右側に食物を入れる。
 2 . 
利用者の左腕はテーブルの上にのせたままにしておく。
 3 . 
刻み食にする。
 4 . 
上唇にスプーンを運ぶ。
 5 . 
一口ごとに、飲み込みを確認する。
( 介護福祉士国家試験 第31回(平成30年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
17
評価しない
正解は5です。

1.右片麻痺の方は、口腔内も右側の動きが不自由になっていることがあります。食物は麻痺のない方に入れるのが基本です。

2.スプーンを持ってもらうなど、自力摂取に向けた働きかけも必要です。

3.麻痺があるということが刻み食にする要因になるわけではありません。食事の形態を変える際には嚥下能力等をよく見極める必要があります。

4.人の口は下あごが動くことで開閉します。下唇にスプーンを運ぶことで、利用者様が楽に食べられます。

5.嚥下能力が低下している可能性にも配慮し、介護者のペースではなく利用者様のペースで食べてもらうことが重要です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
右片麻痺(みぎかたまひ)の利用者の食事介助に関する問題です。

1.健側(左側)で咀嚼、嚥下してもらいます。

2.麻痺側(右側)の上肢をテーブルの上にのせます。身体が傾かないようにします。

3.咀嚼に問題がないので、刻み食は不要です。

4.下唇にスプーンを運びます。上唇では嚥下がしにくいです。

5. 片麻痺の方は咀嚼や嚥下に時間が掛かるので確認は必要です。よって5が正解です。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
最も適切なものは5です。
無理やり食べさせるのではなく、利用者さんのタイミングを考えます。誤嚥の防止にもなります。
他の選択肢については以下のとおりです。

1.誤りです。
健側が基本ですので、右側ではなく「左側」です。

2.誤りです。
健側はできるだけ使ってもらいます。健側でスプーンを持ってもらい、介助者はそれをお手伝いします。

3.誤りです。
刻み食は咀嚼に問題がある人向けです。

4.誤りです。
舌先に物を載せるようにします。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。