過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第41895問」を出題

問題

[ 設定等 ]




数日前から下痢を繰り返している在宅の高齢者について、訪問介護員(ホームヘルパー)が入手すべき次の情報のうち、最も緊急度の高いものを1つ選びなさい。
 1 . 
意識の状態
 2 . 
食事の内容
 3 . 
下痢の回数
 4 . 
水分の摂取量
 5 . 
肛門部の皮膚の状態
( 介護福祉士国家試験 第31回(平成30年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
12
評価しない
下痢を繰り返している状況から見て、訪問介護員として入手したい情報は上記の5つすべてですが、【最も緊急度が高いもの】と、指示されているため、この場合の正解は1になります。

2.は、下痢の要因に絡むのは日々の食事内容になるので食事内容に改善点はないか、
腐敗しているものを食べていないかなど、確認するためには必要な情報になります。

3.下痢の回数ですが、トイレに行く回数が多い、便が水様便の状況が続いているときは脱水症状が現れることがあるので注意が必要です。

4.下痢の時は、便と一緒に必要な水分が失われることがあり脱水症状が出るときがあるので、注意が必要です。

5.下痢が続いている場合は、肛門の周囲が赤くただれてしまったりすることがあるので注意が必要です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
最も緊急性の高いものは1です。

問題文に「数日前から下痢を繰り返している」とあり脱水症状が懸念されます。
脱水で意識障害がある場合、すぐにでも医療的ケアの必要性が高いです。

他の選択肢2~5もケアに必要な情報にはなりますが、1の緊急性には及びません。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
1.正 下痢が継続しているのは脱水症のサインである可能性があるため、意識の状態確認を最優先する必要があります。

2.誤 食事内容の確認も必要ですが、緊急度が高くないため誤りです。

3.誤 薬の処方や受診の際に必要な情報であるため誤りです。

4.誤 脱水症の原因究明に必要な情報ですが、意識の状態確認を優先すべきであるため誤りです。

5.誤 脱水症のリスクと直接関係がない情報であるため誤りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。