過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第41896問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




調理環境を清潔に保つための方法として、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
布巾を使った後は、流水で洗う。
 2 . 
食器を洗ったスポンジは、軽く絞って洗剤の泡を残す。
 3 . 
魚や肉を切ったまな板の汚れは、熱湯で洗い流す。
 4 . 
金属製のスプーンの消毒は、塩素系漂白剤に1時間以上つけ置きする。
 5 . 
包丁は、刃と持ち手の境目の部分も洗浄して消毒する。
( 介護福祉士国家試験 第31回(平成30年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
6
評価しない
1 布巾は、テーブルや食器などを拭いたりするので、使用後は、洗剤などを使用し清潔に保つことが望ましいです。

2 食器を洗った後のスポンジは、細菌の繁殖を予防することにもなるので、水気や洗剤はしっかりときってよく乾燥させておきましょう。

3 魚や肉を切った後のまな板は、まず水洗いをして大まかな汚れを落としてから、熱湯を回しかけましょう。使用後すぐに熱湯をかけてしまうと、たんぱく質が固まってしまい汚れが落としにくくなります。

4 金属製のスプーンは、消毒することが悪いのではなく、塩素系の漂白剤に1時間以上付けおきすることに問題があります。使用方法を間違えてしまうと有毒ガスを発生させたり、金属製のスプーンが腐食したりするためです。

5 正解です。包丁は刃の部分は食材にじかに触っていますし、持ち手の部分は細かな凹凸があるので、雑菌が付着・繁殖しやすい部分なので、使用後はしっかり洗浄・消毒をすることが望ましいです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
1.誤 雑菌の増殖を防ぐために使用後の布巾は食器用洗剤で洗った後、漂白剤を入れた水に漬け置きが必要なため誤りです。

2.誤 雑菌の増殖を防ぐためには料理カスを残さず、乾燥させることが必要なため誤りです。 
 
3.誤 使用直後のまな板に熱湯をかけるとタンパク質が固まり、汚れが落ちにくくなるので先に冷水で濯ぐ必要があります。

4.誤 塩素系漂白剤は消毒に有効ですが、漬け置きは金属腐食の原因となるため誤りです。

5.正 刃と持ち手の境目には汚れがたまりやすく、菌が増殖しやすいため洗浄・消毒が必要です。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
最も適切なものは5です、文の通りです。

他の選択肢については以下の通りです。

1.誤りです。洗剤を使って洗います。

2.誤りです。殺菌成分のある洗剤の場合はスポンジをきれいに洗ったうえで、洗剤をもみ込みます。殺菌成分について明示されていない食器用洗剤の場合は洗剤をよく落とし、かたく絞ってからアルコール除菌剤をスプレーします。

3.誤りです。洗剤でよく汚れを落としてから熱湯をかけます。

4.誤りです。金属と塩素系漂白剤のつけおきは、腐食を起こすおそれがあります。金属に対し、最も適切な消毒は煮沸です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。