過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第41897問」を出題

問題

[ 設定等 ]
Dさん(84歳、女性、要介護3)は認知症(dementia)があり、訪問介護(ホームヘルプサービス)を利用している。ある日、Dさんが、訪問介護員(ホームヘルパー)と一緒に衣装ケースを開けたところ、防虫剤がなくなっていた。Dさんは、新しいものを補充してほしいと訪問介護員(ホームヘルパー)に依頼したが、防虫剤の種類や名前はわからないという。

この衣装ケースに補充する防虫剤の種類として、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 .  しょうのう
2 .  ナフタリン(naphthalene)
3 .  パラジクロルベンゼン(paradichlorobenzene)
4 .  シリカゲル(silica gel)
5 .  ピレスロイド系
( 介護福祉士国家試験 第31回(平成30年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
28
評価しない
1・しょうのう 2・ナフタリン 3・パラジクロルベンゼンは、毒性が強く、異食・誤食などにより、命にかかわる場合もあるので、使用しない方がいいです。

4のシリカゲルは、食品に対応しているので、防虫剤ではないので使用できません。

5のビレスロイド系は、市販されているものの中では比較的毒性が弱いので、使いやすくなっています。

この問題の正解は、上記のことから5番になります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
1.誤 樟脳は防虫剤として使用されているが、体内に入ると有毒であり、認知症患者のDさんが誤って飲み込む危険があるため誤りです。

2.誤 直接手で触れると皮膚が赤く腫れたり、炎症を起こしたりする場合があるため誤りです。

3.誤 塩素の化学作用が強いため、誤って飲み込むと有毒であるため誤りです。

4.誤 防虫剤ではなく乾燥材として使われるため誤りです。

5.正 仮に体内に入っても分解され、短時間で排出されるため安全性が高いといえます。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
最も適切なものは5です。
ピレスロイド系は無臭で、防虫剤の中では比較的安全性が高いです。認知症の方が万が一口にしてしまった場合を考えると無難です。

他の選択肢については以下のとおりです。
1、2、3については誤りです。
1、2、3は有臭で毒性があります。Dさんの安全に配慮し、使うべきではありません。

4.誤りです。シリカゲルは防虫剤ではなく乾燥剤です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。