過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第41899問」を出題

問題

[ 設定等 ]




杖歩行している高齢者の寝室の環境整備に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
足元灯を用意する。
 2 . 
ベッドの高さは60~65cmにする。
 3 . 
マットレスは柔らかいものにする。
 4 . 
布団は床に敷く。
 5 . 
特殊寝台(介護ベッド)に変更する。
( 介護福祉士国家試験 第31回(平成30年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
9
評価しない
杖歩行している高齢者・寝室の環境整備・という2つのことから推察すると、夜間の歩行時に転倒のリスクを最小限にするために適しているかどうかが、重要なポイントになります。

1.の足元灯を用意するのは、べッドからの立ち上がり時の不安を解消するとともに、転倒のリスクを避けるために効果的といえるので、この問題の正解は1.になります。

2.のベッドの高さを60~65㎝にするのは、対象となる高齢者の身長なども考慮しなければならないので、一概には言えません。

3.のマットレスをやわらかいものに変更するのは、寝返りを打つときや、端座位でいる場合には不安定になる恐れもあるので、最適とは言えません。

4.の場合は対象となる高齢者の状況によって異なるので、最適とは言えません。

5.の特殊寝台(介護ベッド)への変更ですが、この問題の意図とは離れているので、選択肢から切り離して考えるのがいいでしょう。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
最も適切なものは1です。
杖歩行のため足もとが見える形が望ましいです。

他の選択肢については以下のとおりです。

2.誤りです。
ベッドの高さは30㎝~40㎝が望ましいです。

3.誤りです。
柔らかいものだと体が沈みこみ、起き上がりが大変です。

4.誤りです。床だと段差がないため、立ち上がりに不便です。高さ30㎝~40㎝の低床ベッドがおすすめです。

5.誤りです。車いすで過ごすことの多い人であれば、特殊寝台のほうがいいですが、杖歩行できる人なら低床ベッドが適切です。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
1.正 足元灯を用意することで、夜間の転倒リスクを減らすことができます。

2.誤 転倒防止の介助10か条の中に「ベッドの高さは35~40㎝」とあります。60~65㎝は高すぎるため誤りです。

3.誤 体が沈んで寝返りを打つのが困難になり、褥瘡の原因になるため誤りです。

4.誤 杖歩行の高齢者にとって、床からの立ち上がりが困難になるため誤りです。

5.誤 杖歩行が可能な高齢者にとって、ベッドの高さ調整は特に必要としないため誤りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。