過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第41920問」を出題

問題

[ 設定等 ]
介護老人保健施設に入所した認知症高齢者が、夜中に荷物を持って部屋から出てきて、介護福祉職に、「出口はどこか」と聞いてきた。介護福祉職の対応に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 .  「今日はここにお泊りになることになっています」と伝える。
2 .  「もうすぐご家族が迎えに来るので、お部屋で待っていましょう」と居室に誘う。
3 .  「トイレですよね」と手を取って案内する。
4 .  「どちらに行きたいのですか」と声をかけて並んで歩く。
5 .  「部屋に戻って寝ましょう」と荷物を持って腕を取る。
( 介護福祉士国家試験 第31回(平成30年度) 認知症の理解 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
11
評価しない
1.×
 本人が施設に入所するということを認識していない、もしくは納得していない可能性があります。
 まずは本人の言葉を聴き、その気持ちに寄り添うことが大切です。

2.×
 その場凌ぎの嘘で誤魔化すという対応は不適切です。
 利用者との信頼関係を築くためにも、介護福祉職の誠実な対応が求められる場面だと考えられます。

3.×
 本人の言葉を無視し、本人の希望と異なる行動を勝手に決めつけるような対応は不適切です。
 まずは本人の言葉に耳を傾けましょう。

4.○
 本人の意思を尊重し、本人の言葉に耳を傾けながら寄り添うことは、最も適切な対応と言えます。

5.×
 腕を取る等によって本人の行動を制限したり、本人が望んでいないことを強要したりすることは不適切な対応です。
 まずは本人の意思を確認することが大切です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
認知症の方と接する際は、ご本人を否定しないことが大原則です。
認知症の場合、自分がいろいろなことを忘れていることを自覚していないので否定されたことで、傷つきダメ―ジを受けるからです。そのため、相手の言い分を受け止める態度が必要です。

他の選択肢は1、2、3、5は「出口はどこか」と言っていることに対して肯定が認められず不適切です。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
1.誤 ここは自分の家ではないと思っている認知症高齢者を引き留めるの不適切であるため、誤りです。

2.誤 一時しのぎでしかないばかりか、外に出たい気持ちを高めるだけなので誤りです。

3.誤 出口を尋ねている高齢者をトイレに誘導するのは不適切であるため誤りです。

4.正 どこに行きたいのか尋ね、話を聴くことが適切です。

5.誤 高齢者の意思を無視した言動は不適切であるため、誤りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。