過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第41924問」を出題

問題

[ 設定等 ]
認知機能障害に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
1 .  記憶障害では、初期から手続き記憶が障害される。
2 .  見当識障害では、人物の認識は障害されない。
3 .  失行では、洋服をうまく着られなくなる。
4 .  失認は、視覚や聴覚の障害が原因である。
5 .  実行機能の障害では、ADL(Activities of Daily Living:日常生活動作)は障害されない。
( 介護福祉士国家試験 第31回(平成30年度) 認知症の理解 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
19
評価しない
1.×
 手続き記憶とは、調理方法や道具の操作方法等、自身で体験して覚えた記憶のことを言い、初期の内には保持されています。

2.×
 見当識障害とは、時間、場所、人物が認識できなくなる障害のことを言います。
 現在の季節に合った衣服を身に着けられない、外出先から自宅へ帰ることができない、自分の家族を家族だと認識できない等の症状が現れます。

3.○
 これは着衣失行と呼ばれるもので、認知症において多く見られる症状です。
 運動機能に異常はなく、衣服を着る方法を知っているにも関わらず、それを実行できなくなることを言います。

4.×
 失認とは、視覚や聴覚等の感覚機能に異常がないにも関わらず、それらの感覚で得た情報を正しく認知できないことを言います。
 
5.×
 実行機能とは、計画を立て、その順序通りに物事を行う機能のことを指し、認知症ではそれらができなくなってしまうため、ADLにも障害が出てきます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正しいものは3です。
文に書かれているものは着衣失行というものです。

他の選択肢については以下のとおりです。

1.誤りです。
記憶障害では短期記憶→エピソード記憶→意味記憶→手続き記憶の順に障害されます。

2.誤りです。
人物の認識が障害されます。自分の子供なのにあなた誰?ということなどがあります。

4.誤りです。
失認とは、感覚器の異常がないのに周囲の状況を把握できない状態を指します。

5.誤りです。
ADLは障害されます。食事の準備や買い物、家電の使い方などがわからなくなります。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
1.誤 手続き記憶障害は認知症の進行して現れる障害であるため、誤りです。

2.誤 見当識障害では人物の認識も障害されます。

3.正 失行のうち、着衣失行に当たります。

4.誤 視覚、聴覚、触覚の障害は失認の原因ではなく、症状であるため誤りです。

5.誤 順序良く物事を行うことができなくなり、自立した生活が損なわれるため誤りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。