過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第41926問」を出題

問題

[ 設定等 ]




抗認知症薬に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
貼付剤はない。
 2 . 
非薬物療法との併用はしない。
 3 . 
段階的に投与量を減量していく。
 4 . 
副作用として悪心や下痢が生じることがある。
 5 . 
ADL(Activities of Daily Living:日常生活動作)が改善することはない。
( 介護福祉士国家試験 第31回(平成30年度) 認知症の理解 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
17
評価しない
1.×
 抗認知症薬の内、イクセロンパッチ・リバスタッチパッチ(リバスチグミン)は貼付剤となります。

2.×
 抗認知症薬と非薬物療法は併用されています。
 
3.×
 抗認知症薬の投与量は、徐々に増えていきます。

4.○
抗認知症薬の副作用には、食欲低下や嘔吐感等の消化器症状が多く見られます。

5.×
 抗認知症薬の使用によって、症状の進行が緩やかになり、ADLが改善する場合があります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正しいものは4です。
文のとおりです。
副作用があるからこそ、抗認知症薬導入時は微量ではじめ、体に慣れさせてから徐々に増量させていきます。

他の選択肢については以下のとおりです。

1.誤りです。
イクセロンパッチ、リバスタッチパッチなどは貼付剤です。

2.誤りです。
認知リハビリテーションや音楽療法など脳に刺激を与える非薬物療法はとても大切です。

3.誤りです。
段階的に増やしていきます。

5.誤りです
基本的には抗認知症薬は認知症の進行を抑えるものです。ただ、血管性認知症などは血流が改善し、日常生活動作が改善する場合もあります。

評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
1.誤 イクセロンパッチやリバスタッチといった貼付薬があるため、誤りです。

2.誤 薬に頼らない非薬物治療と併用することが進行予防に有効であるため、誤りです。

3.誤 病状に合った薬を段階的に増やすため誤りです。

4.正 副作用として下痢や興奮症状が見られる場合があります。

5.誤 ADLの改善に効果のある抗認知症薬があるため誤りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。