過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第41943問」を出題

問題

[ 設定等 ]
良肢位に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 .  ADL(Activities of Daily Living:日常生活動作)に最も支障が少ない姿勢である。
2 .  肘関節(ちゅうかんせつ)を伸ばした姿勢である。
3 .  つま先が下を向いた姿勢である。
4 .  拘縮を起こしやすい姿勢である。
5 .  クッションを用いた保持は避ける。
( 介護福祉士国家試験 第31回(平成30年度) こころとからだのしくみ )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
15
評価しない
1.○
 本文の通りです。
 良肢位を保つ(関節を適切な角度に保つ)ことで、日常生活動作への支障が少なくなると言われています。
 
2.×
 良肢位とは、関節を適切な角度に保つ姿勢のことを言い、肘関節を伸ばすのではなく曲げた状態にします。
 このとき、関節を曲げすぎないように留意する必要があります。

3.×
 つま先を下に向けた姿勢にすると、アキレス腱等が拘縮し、つま先立ちのような状態(尖足)になってしまうため、状態が回復した際に歩行困難となる可能性があります。
 
4.×
 良肢位とは、関節の拘縮を起こりにくくするため、そして間接の拘縮が起こっていても日常生活動作に支障が出ないよう、適切な関節の角度を保つ姿勢のことを言います。

5.×
 クッション等を用いることで、適切な関節の角度を保つことができます。
 また、体が接触している部分が増えることにより、局所的にかかっていた圧が分散されるため、褥瘡(床ずれ)予防にも繋がります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
最も適切なものは1です。
文のとおりです。

他の選択肢は以下のとおりです。

2.誤りです。
肘関節は直角屈曲といって90度曲げた状態です。

3.誤りです。
つま先が上に向いた状態です。

4.誤りです。
拘縮を起こりにくくする姿勢です。

5.誤りです。
寝返りが自分でできない人にクッションは有効です。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
1.正 良肢位とは拘縮などで動かせなくなっても日常生活に支障が少ない姿勢を指します。

2.誤 拘縮がある方には負荷のかかる姿勢のため誤りです。

3.誤 尖足の説明であるため誤りです。

4.誤 拘縮を防ぐための姿勢なので誤りです。

5.誤 クッションを用いて保持することもあるので誤りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。