過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第41944問」を出題

問題

[ 設定等 ]




胃ろうに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
ろう孔周囲のびらんは、放置してよい。
 2 . 
ろう孔は、カテーテルの抜去後、およそ1時間で自然に閉鎖する。
 3 . 
カテーテルの交換は不要である。
 4 . 
ミキサー食の注入は禁止されている。
 5 . 
経口摂取も併用できる。
( 介護福祉士国家試験 第31回(平成30年度) こころとからだのしくみ )

この過去問の解説(2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
23
評価しない
1.×
 びらんがあるということは、消化液の漏れ、カビによる感染症等、何らかのトラブルが起こっていると考えられます。
 ろう孔周囲にびらんを発見した場合は、放置するのではなく、看護師・医師に相談し、適切な処置を行う必要があります。
 
2.×
 ろう孔は2~3時間で縮小し、24時間で完全に閉鎖するとされています。
 万が一、カテーテルが抜けてしまった場合は、速やかに看護師・医師に相談し、ろう孔が閉じないよう適切な処置を行う必要があります。

3.×
 胃ろうのカテーテルには、バルーン(風船)型のものとバンパー型のものがあります。
 型によって交換のタイミングは異なりますが、どちらも定期的な交換が必要となります。

4.×
 ミキサー食を作る際に水分を足す等の調節が必要となりますが、禁止されているわけではありません。
 栄養バランスが整えられたり、家族と同じ食事をとることができたりする等の利点があります。

5.○
 胃ろうの場合は、胃に穴をあけてカテーテルを直接つないでいるため、経口摂取と併用することが可能です。
 経鼻経管栄養の場合は、鼻から胃へとチューブを通しているため、経口摂取を併用することはできません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
1× ろう孔にびらんができている状況は、発赤より悪化している状態です。放置してしまうとより悪化してしまいます。

2× 経口で栄養を十分に摂取できるようになれば、PEGは抜去することができます。抜去後24時間で完全にふさがるといわれています。

3× カテーテルは、耐久性はありますが、基本的に異物となるので、約4カ月~半年に一回程度の交換は必要になります。

4× ミキサー食は禁止されておりません。栄養バランスの向上や下痢の改善にも役立つので、手間はかかりますが推奨されています。

5〇 胃ろうを増設しても、食事を口から食べることも可能です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。